おまとめローンを賢く使おう

カードローンはとても便利なサービスです。
1回カードを発行してもらえば、自分のタイミングでお金を借りる事もできます。
また1社だけでなく複数の会社からも借入は可能なので、それに依存してしまう人も少なくありません。
ただ便利だからと言って高金利の所からばかり借りていると、気が付けば金利分ばかり払っていて元金は全く減らない事になります。
また中には自分の借金がいくらあるか把握できていない人もいるでしょう。
借金返済は主体性を持って行うのが最低限必要な事です。
だからまずは自分の借金がいくらあるか、いつが返済日かを把握する必要があります。
またバラバラになっていると良く分からない事になる可能性があるので、できればおまとめローンを利用しましょう。
おまとめローンは複数の借金を一つにまとめる事ができる物です。
それを取り扱っている金融機関に申し込みましょう。

 

基本的にはカードローンで借りている時の金利よりも低い金利でお金を借りる事ができるので、返済総額が減るだけでなく月々の返済も楽になります。
勿論返済日は1日だけになるので、いつが引き落としとなるかも良く分かります。
これなら主体的に借金の返済ができるでしょう。
しかし複数の借入がある人は全ておまとめローンを利用できるかといったらそうではありません。
金融機関の提示する条件に合わなければ、残念ながら利用することは不可能です。
沢山の所で借りている人は、時には何社までと提示されてしまう事もあります。
また勤続年数が短い人や、返済実績がない人も利用できない場合もあるので注意が必要です。
もし一つにまとめたいと思ったら、自分がそれを利用できるかどうかを前もって調べておきましょう。

 

また金利にも良く目を向けておく必要があります。
もし今自分が借りている物の中で、利用しようと思っているローンよりも低金利の物がある場合は、それまで一本化する必要は全くありません。
上手に使いたいのであれば、高金利の所だけ一本化してしまいましょう。

 

また利用する時は審査が必要です。
その時の基準は結構厳しめに設定されている事もあります。

 

例えば勤続年数は1年以上、年収は500万円以上、さらに不動産を所有しているかどうかなども判断基準となる事は少なくありません。
これらの条件から審査に通らない人も少なくないのです。
しかし一度利用する事ができればとても便利な物です。
これを利用したお陰で多重債務に陥らずに済んだという人もいます。
自分の将来の事を考えて、バラバラに返済していく方が楽だと思ったらそれを選べば良いのですが、分かりやすく返済していきたいと思ったらカードローンは一本化してしまいましょう。
ただそれを滞納してしまうのは良くありません。

 

せっかくお金を貸してもらう事ができたのだから、まずは自分の普段のお金の使い方をよく見て、カードローンに依存する生活からは脱却しましょう。そして繰り上げ返済は無理でも、毎月決められた金額は返済し続けるのがポイントです。 

まとめローンの申込の仕方

まとめローンを利用するときには、他のローンの申し込みと同様に様々な事に気をつけて申し込みを行う必要があります。
まず申し込みについて絶対にやってはいけないことは、虚偽の申し込みは絶対にしてはいけないということです。
銀行系のカードローンを使う申込の場合は、給料明細が必要な場合は限られてきます。
ですが、まとめローンを申し込む場合は複数の借入を一括にするので、殆どの場合で通常の借り入れよりも申込金額が大きくなります。

 

金額が大きくなると、審査の基準によっては給料明細を求められたり、不必要に大きい給料を記入してしまうと、何故これで等と言うように不審がられる材料になってしまいます。
金融機関の審査は、総合的に判断するということが言われても、どこかに不正があった場合には一発で審査に落ちてしまうので、注意して申し込みをする必要があります。
その一方で、加えておくべきこともあります。

 

申込書に記入するときには、職場の役職等はなるべく細かく記入しておくのもひとつの方法です。
勤務が長いという証明であったり、会社からの信頼を得ているという目安にもなります。
一方で、金融機関では申し込みを行う利用者の勤め先の会社の雇用形態などを把握している事はありません。
なので、役職等を詳しく聞いてくるのは考えづらいので、あらかじめ自分から金融会社に記入しておくことがおすすめです。
夫婦共働きや専業主婦の場合など自分以外の収入についておくのも忘れてはいけません。
ですが、専業主婦の方などで最も間違いやすいのは、旦那の勤め先です。
例えば旦那が契約社員や社内ベンチャーなどで正確には働いていない事になっている場合があります。

 

契約社員などの場合は、旦那が契約を結んでいる会社が働いている会社と契約している場合と、実は働いている会社は別な契約を結んでいて旦那はその別な会社と雇用契約を結んでいる場合があります。
後者の場合は、普段家にいるときに会社でこんな事があったよなどと話されるとまず間違いなく、旦那が普段いる会社が旦那の勤め先だと勘違いしてしまいます。
こういった場合は、申し込みを行う前に給料明細や社会保険証などをきちんと確認しておいて、正式名称を確認しておく必要があります。
また、派遣社員の場合などは人数が多いところは万人規模になるので派遣番号により従業員の詳細を管理している場合があります。
その場合にカードローンの審査の際に金融業者が在籍確認を行ってみても実際には働いている確認が取れずに融資が通らなかったという事も考えられます。

 

申込者が派遣社員などであれば分かることだとは思いますが、主婦やパートナーの詳細情報として記入したい場合であれば出来るだけ相手に事前連絡をとっておくのがおすすめです。
かと言って、個人の事情によりパートナーに連絡を出来ない場合については申込時に予め金融機関にて伝えておくべきです。
そうすることにより、こうした方が良いなどの指示がある場合もあります。

ローンの一本化で危機を脱した・・・体験談の紹介

現金の借入手段がたくさん用意されている現代社会では、自分の手元にお金がなくても、簡単に現金融資を受けて、欲しいものを手に入れることができます。
しかし、現金融資は便利な反面、計画的に利用しないと、返済に苦しむことになります。
私も、無計画に消費者金融を利用して、返済に困ったことがありました。
そんな時に私を救ってくれたのが、銀行系カードローンを使ったローンの一本化です。
数年前、私は2社の消費者金融からお金を借りて、色々と欲しいものを手に入れていました。

 

具体的には、趣味の高級オーディオや、観賞用の高額な熱帯魚、熱帯魚を飼育するための水槽などの購入に、消費者金融を利用したのです。
なぜ、2社の消費者金融と契約したのかというと、1社だけではすぐに限度額いっぱいまで使ってしまうからです。
私はこうした現金融資サービスの他に、自動車ローンや住宅ローンも組んでいました。
当時の私は、周囲の人に、そんなに借金をして返済は大丈夫なのかと心配されたものです。
しかし、そんな声は私の耳には届きません。
そのころの私は、勤め先の経営が上向いており、給与も人並み以上にもらっていて、いざとなったら簡単に返済できるだろうと思っていたのです。

 

;考えが甘かった・・・

;

 

ところがある日、私を凍りつかせる事態が発生しました。
その事態とは、米国の超大型金融機関の倒産です。
その超大型金融機関の倒産は、日本の企業に大きな経済的ダメージを与えるであろうことは明白で、案の定私の勤め先の経営も一気に傾き、社員全員に減給が通達されました。
とりあえず借金をなんとかしようと思い、消費者金融に問い合わせて、残債を計算してもらいました。
かなりの金額を返済しているはずだから、一括で残りを返済してやろうと、考えたのです。

 

しかし驚いたことに、私の借金の残債は思った以上に残っていました。
どうやら、毎月利息を支払うばかりで、元金がほとんど減っていなかったのです。
困っていたところ、借金問題を上司に相談すると、その上司は銀行系カードローンの活用を勧めてくれました。
消費者金融で組んだ借金の一本化に、銀行系カードローンは最適なのだそうです。
金利が安くて、限度額が高いという特徴を持つ、銀行の現金融資サービスなら、借金返済を一気に楽にできると教えてくれました。
すぐに銀行に足を運び、ローンの一本化について相談しました。
そしてすぐに、カードローンの申し込みをしたのです。
申し込みをした数日後に、銀行から審査結果を伝える電話が入りました。
結果は融資可能ということでした。
融資が決定した時の安堵感は今でも忘れられません。
おかげで、2社から借り入れた借金を一本にまとめることができました。

 

消費者金融に借りたお金は一括で返済したので、利息の支払は安く済みましたし、1本化された銀行系カードローンの金利はとても低くて、十分に支払っていけるものでした。
現在は、銀行に借りたお金も完済し、安定した生活を取り戻せています。